今では総人口の約4分の一の人々が悩んでいると言われる薄毛問題。

男性向けのものはもちろん、最近では女性向けの育毛剤なども増えてきて、

産後の抜け毛の悩みなども含め広く使われるようになりました。

 

育毛剤メーカーの販売サイトや広告を見ると、いかにもこれさえあれば薄毛の悩みから解放されるかのような、すごい効果があるような印象を受けます。

 

たしかに営利目的の企業ですから、効き目をアピールしてお客さんに買ってもらおうと努力するのは当然ですが、あまりにも誤解を招きやすいような表現はいかがなものかと思います。

 

しかし、これだけ市場に色んな”魅力的”な育毛剤が販売されているにも関わらず、薄毛の悩みから解放されている方は非常に少ないのが現状です。

むしろ、育毛剤の効果は「実感した」という人より、明らかに「実感できなかった」という人のほうが多いのではないでしょうか。

 

育毛剤は本当に効果がないのか?

では、市販の育毛剤はまったく効果がないのでしょうか?

そんなことはないですね。

 

ごく一部の詐欺的な商品は除いて、育毛剤というのは本来効くように設計されて作られています。

もちろん効果には個人差は大いにありますが、育毛効果はたしかにあるのです。

 

ではなぜ効果がなかったという意見が多いのでしょうか?

それは、育毛剤そのものの問題よりも、私たち使う側に問題があることが多いのです。

いわば、「効果がきちんと得られるように使っていない」ということになります。

 

そもそも、育毛剤はきちんと健康状態を保った頭皮に使うから効果が得られるのであって、土台が整っていない畑にいくら種をまいても芽は出ません。

つまり、育毛剤の効果を得るには、最低でも効き目が得られる状態にしておく必要があるわけです。

リデン 評価