薄毛対策と言いますが、人によって薄毛対策は百人の人がいれば百種類の薄毛対策があると言っていいでしょう。

薄毛と言ってもしっかりと見ないと薄毛と気がつかない程度の薄毛から、誰が見ても薄毛とわかってしまうような薄毛まで千差万別です。

しかし、私の経験から言いますと、それなりに進行してしまっている薄毛は薄毛対策としては2つしか残っていないのです。

 

一つは薄毛の治療を専門に扱っている医療機関の受診すること。

もう一つは自己流の薄毛治療ではもっとも効果があると言ってもいい、大正製薬のリアップシリーズを使用することです。

こちらはもしリアップシリーズが効果を発揮しないという場合には医療機関を受診するしか方法はありません。

始める順番は?

こう言えばほとんどひとはまずは自己流でできるリアップシリーズの使用から始めるでしょう。これはコスト面からいえば正解といえます。

薄毛治療の医療機関では健康保険が適用されませんから、薄毛治療のためにかかった治療費はすべてが自己負担の自由診療になってしまいます。

かなりのコストがかかることを覚悟しなければなりません。

リアップシリーズがやすいというわけではありませんが、医療機関での治療費に比べればかなり安く上がりますから、リアップシリーズで効果が出ればそれに越したことはありません。

リアップシリーズは発売されている育毛剤ではミノキシジルが配合されていることから最強であると言っていいのです。

これが聞かないとなれば、もっと有効な手段を持っている医療機関にかかるか、諦めるしかありません。

デメリットになる副作用リスク

しかし、リアップにもデメリットはあり、やはり副作用が出た場合に困るということです。専門医の判断を仰ぐことができませんので、その点はリスクといってもいいでしょう。頭皮がかぶれたり炎症したり、人によっては発疹や頭痛、吐き気などもあるそうです。

コストもかけずに、副作用のリスクを回避したいという方は、市販の育毛剤を使用するのも一つです。もちろん即効性はないですし効果は実感しにくいかもしれませんが、使わないよりは確実にマシです。

ただし、基本的には予防ケアもしくは最高でも現状維持であるという認識を持って臨みましょう。でなければガッカリすることになります。

「医薬部外品とは」を知っておこう

例えばイクオスという人気育毛剤がありますが、こちらは医薬部外品になります。医薬品ではありません。

医薬部外品には緩やかな効果しかないので、宣伝文句をそのまま鵜呑みにして勘違いしないよう注意してほしいと思います。

こちらのサイト記事(https://xn--u9jwfsat5c2505b8hyb.com/shinjitsu3/iyakubugaihin.html)が参考になるのでぜひチェックしてみてください。